"ゼログランド リマスタード コレクション" が新登場​​
READ THE STORY

Work for what
you believe in.

踏み出そう、信じる道へ。
新しい時代のスタート。
働くことだけが、生活の糧ではない時代へ。
心を揺さぶられるのは、信念、人々、そして情熱。
2022年秋、インスピレーションをくれた
チェンジメーカーたちをご紹介します。
テルミ・ムラオ
サーフアクティビスト、サステナブルスタイリスト
テルミは、サンフランシスコで働いていた会社を辞めて、クリエイティブな活動を広げるためにニューヨークに移りました。スタイリストとして、彼女は、ブランドがその撮影に古着やヴィンテージウェアを取り入れるサポートをしています。また、テルミはメンターシップにも情熱を注ぎ、非営利組織、ロッカウェイズにボランティアとして参加し、コミュニティの人々に水辺の安全教育やサーフィンのレッスンを行っています。時間が空いたときは、ボルダリング、キャンプ、モデル活動を楽しみ、パスタという名の犬とともに過ごします。
ブラッド・レオーネ
ビデオパーソナリティ、シェフ(ではない。。)
ブラッド・レオーネは、調理している食材をどこで発見したか、なぜ大好きなのか、それをどのように料理に仕上げるかなど、思いつくままにしゃべります。おおらかな性格が幸いして、キッチンマネージャーからビデオパーソナリティへ、そしてベストセラーの本「Field Notes for Food Adventure」の著者へと躍進を遂げました。シェフかもしれませんが、本人は違うと言います。好きなことは、自然の中を歩くこと、狩猟、食料探し、釣り、発酵食作りです。ニュージャージー出身で、ニューヨークで修業を積み、コネチカットで暮らし。彼は分量を測ることなど滅多にありません!
The changemakers
  • ジェフ・ステイプル
    STAPLE創設者&
    クリエイティブディレクター
  • シャンテル・マーティン
    ビジュアルアーティスト&フィロソファー
  • アティバ・ジェファーソン
    フォトグラファー
  • ソフィア・チャン
    イラストレーター&デザイナー
  • ジェフ・ステイプル
    STAPLE創設者&クリエイティブディレクター
    ニューヨークでアートを学ぶアイディアあふれる学生だったジェフ・ステイプル。デザインへの情熱、ストリートカルチャー、起業家精神が、彼を世界に知られるブランドそのものへと成長させました。今年、彼のストリートウェアレーベル STAPLEは、彼のショップ Reed Spaceとデザインエージェンシー Reed Art Departmentとともに、25周年を迎えました。彼は、世界屈指のブランドとのコラボレーションも続けており、HYPERBEAST Radioで人気のポッドキャスト“The Business of HYPE”をホストしています。
  • シャンテル・マーティン
    ビジュアルアーティスト&フィロソファー
    シャンテルは、世界にポジティブなメッセージを伝えたいという熱い思いに導かれ、英国から日本へ、ブルックリンへ、そして世界へと羽ばたいてきました。マルチな才能を発揮するお手本のような彼女ですが、おそらく最もよく知られているのは、スケールの大きいラインドローイング、そして、美術、教育、デザイン、哲学、テクノロジーを融合するようなライブアートパフォーマンスでしょう。彼女はまた、アイビーリーグの大学で非常勤教授や研究員も務めています。今年に入ってからは、彼女が初めて振付けを手掛けたバレエ“KITES”が、ボストン・バレエによって初演されました。
  • アティバ・ジェファーソン
    フォトグラファー
    アティバは、幼い頃からスケートボーディングコミュニティを心のよりどころとしてきました。技量の素晴らしさだけでなく、そこに内在する自己表現に魅了され、いつしか彼はスケートボードフォトグラファーの第一人者のひとりとなりました。このカルチャーのドキュメンタリー写真家として知られる彼の作品は、アクションを捉えるだけでなく、ポートレートを通して被写体のありのままの瞬間を映し出します。彼はまた、連続起業家でもあり、バッグから飲料までさまざまな会社を自らの手で立ち上げています。
  • ソフィア・チャン
    イラストレーター&デザイナー
    ソフィア・チャンは、生まれも育ちもニューヨーク市クイーンズ区。この街の豊かな色彩が、アートを志す夢を育ててくれたと彼女は言います。イラストレーターとしての彼女のスタイルは、手描きのスキルとデジタル仕上げを巧みに組み合わせ、人々、商品、ワードアートを生き生きと描写するものです。年2回発刊のヘルス&ウェルネス雑誌“UNDO Magazine”の創設者としては、アーティスト、アスリート、クリエイティブのためのプラットフォームを創設しました。
  • ノラ・オニール
    インテリアデザイナー
    モデルとしてのキャリアがコロナ禍で中断されたとき、ノラは、ビンテージ家具とインテリアへの情熱につき動かれて、まったく新しい仕事に挑戦しました。最初は家具やインテリアの収集、キュレーション、ソーシャルメディアでの販売から始め、フォロワーを増やし、ついにはジョーディ・マーレイというビジネスパートナーを得てFriends of Formを設立しました。ブルックリンに本拠を置く同社は、顧客の生活をもっと豊かで楽しさにあふれたものにするインテリアデザインスタジオです。
  • ジョーケネス・ミューゾー
    詩人、執筆家、映像作家
    ジョーケネスは、作品を通して自らの声、希望、生きざまを人々に伝えています。多様な媒体を駆使して、勇気を与える詩を書き、2冊の回想録を出版しました。最新作の“Days After Your Departure”は短編映画化され、HBOで配信されています。また、スポークン・ワードのパフォーマンスも行い、ニューヨーク暮らしの美しさと複雑さを捉えた写真も発表しています。
  • フアナ・ブルガ
    NunaAwaq創設者
    ペルー文化を伝えるのアンバサダーであるフアナはモデルで女優という知名度を生かして、母国の女性職人や手織り文化を擁護しています。ペルー独自のテキスタイルを広め、職人が国際的なデザイナーやブランドとコラボレーションする機会を作り、彼女たちがビジネスを拡大して自立できるよう支援するプラットフォームとして、フアナはNunaAwaq(“Soul of the Artisan”)を設立しました。
  • ヤン・イ・ゴー
    スタイルエディター
    スニーカーと服を長年愛してやまないヤン・イは、男性のためによりスタイリッシュで自信に満ちたライフスタイルをサポートしています。
    カナダ出身の彼にとって、ニューヨークは現在の故郷。そのニューヨークで、ファッション、スポーツ、カルチャーに関する記事を「GQ」(彼を雑誌業界に引き入れた雑誌)に掲載し、新しいデザイナー、ブランド、アイディアを読者に紹介しています。
  • ノラ・オニール
    インテリアデザイナー
  • ジョーケネス・ミューゾー
    詩人、執筆家、映像作家
  • フアナ・ブルガ
    NunaAwaq創設者
  • ヤン・イ・ゴー
    スタイルエディター
ジェフ・ステイプル
STAPLE創設者&クリエイティブディレクター
ジェフ・ステイプル
STAPLE創設者&クリエイティブディレクター
ニューヨークでアートを学ぶアイディアあふれる学生だったジェフ・ステイプル。デザインへの情熱、ストリートカルチャー、起業家精神が、彼を世界に知られるブランドそのものへと成長させました。今年、彼のストリートウェアレーベル STAPLEは、彼のショップ Reed Spaceとデザインエージェンシー Reed Art Departmentとともに、25周年を迎えました。彼は、世界屈指のブランドとのコラボレーションも続けており、HYPERBEAST Radioで人気のポッドキャスト“The Business of HYPE”をホストしています。
シャンテル・マーティン
ビジュアルアーティスト&フィロソファー
シャンテル・マーティン
ビジュアルアーティスト&フィロソファー
シャンテルは、世界にポジティブなメッセージを伝えたいという熱い思いに導かれ、英国から日本へ、ブルックリンへ、そして世界へと羽ばたいてきました。マルチな才能を発揮するお手本のような彼女ですが、おそらく最もよく知られているのは、スケールの大きいラインドローイング、そして、美術、教育、デザイン、哲学、テクノロジーを融合するようなライブアートパフォーマンスでしょう。彼女はまた、アイビーリーグの大学で非常勤教授や研究員も務めています。今年に入ってからは、彼女が初めて振付けを手掛けたバレエ“KITES”が、ボストン・バレエによって初演されました。
アティバ・ジェファーソン
フォトグラファー
アティバ・ジェファーソン
フォトグラファー
アティバは、幼い頃からスケートボーディングコミュニティを心のよりどころとしてきました。技量の素晴らしさだけでなく、そこに内在する自己表現に魅了され、いつしか彼はスケートボードフォトグラファーの第一人者のひとりとなりました。このカルチャーのドキュメンタリー写真家として知られる彼の作品は、アクションを捉えるだけでなく、ポートレートを通して被写体のありのままの瞬間を映し出します。彼はまた、連続起業家でもあり、バッグから飲料までさまざまな会社を自らの手で立ち上げています。
ソフィア・チャン
イラストレーター&デザイナー
ソフィア・チャン
イラストレーター&デザイナー
ソフィア・チャンは、生まれも育ちもニューヨーク市クイーンズ区。この街の豊かな色彩が、アートを志す夢を育ててくれたと彼女は言います。イラストレーターとしての彼女のスタイルは、手描きのスキルとデジタル仕上げを巧みに組み合わせ、人々、商品、ワードアートを生き生きと描写するものです。年2回発刊のヘルス&ウェルネス雑誌“UNDO Magazine”の創設者としては、アーティスト、アスリート、クリエイティブのためのプラットフォームを創設しました。
ノラ・オニール
インテリアデザイナー
ノラ・オニール
インテリアデザイナー
モデルとしてのキャリアがコロナ禍で中断されたとき、ノラは、ビンテージ家具とインテリアへの情熱につき動かれて、まったく新しい仕事に挑戦しました。最初は家具やインテリアの収集、キュレーション、ソーシャルメディアでの販売から始め、フォロワーを増やし、ついにはジョーディ・マーレイというビジネスパートナーを得てFriends of Formを設立しました。ブルックリンに本拠を置く同社は、顧客の生活をもっと豊かで楽しさにあふれたものにするインテリアデザインスタジオです。
ジョーケネス・ミューゾー
詩人、執筆家、映像作家
ジョーケネス・ミューゾー
詩人、執筆家、映像作家
ジョーケネスは、作品を通して自らの声、希望、生きざまを人々に伝えています。多様な媒体を駆使して、勇気を与える詩を書き、2冊の回想録を出版しました。最新作の“Days After Your Departure”は短編映画化され、HBOで配信されています。また、スポークン・ワードのパフォーマンスも行い、ニューヨーク暮らしの美しさと複雑さを捉えた写真も発表しています。
フアナ・ブルガ
NunaAwaq創設者
フアナ・ブルガ
NunaAwaq創設者
ペルー文化を伝えるのアンバサダーであるフアナはモデルで女優という知名度を生かして、母国の女性職人や手織り文化を擁護しています。ペルー独自のテキスタイルを広め、職人が国際的なデザイナーやブランドとコラボレーションする機会を作り、彼女たちがビジネスを拡大して自立できるよう支援するプラットフォームとして、フアナはNunaAwaq(“Soul of the Artisan”)を設立しました。
ヤン・イ・ゴー
スタイルエディター
ヤン・イ・ゴー
スタイルエディター
スニーカーと服を長年愛してやまないヤン・イは、男性のためによりスタイリッシュで自信に満ちたライフスタイルをサポートしています。
カナダ出身の彼にとって、ニューヨークは現在の故郷。そのニューヨークで、ファッション、スポーツ、カルチャーに関する記事を「GQ」(彼を雑誌業界に引き入れた雑誌)に掲載し、新しいデザイナー、ブランド、アイディアを読者に紹介しています。
Back to top

メンバーシップ登録

メンバーシップ登録いただくと、様々な特典をはじめ、コール ハーンブランドの類まれな体験をお楽しみいただけます。(登録無料)