オンライン限定 人気シリーズに限定カラーが登場 ​​
《SHOP NOW》
メンバーズなら いつでも"送料無料"
《会員登録はこちら》
人気商品は残りわずか ​​ "Limited Stock Sale" 開催中!
《会場はこちら》

Work for what you believe in.踏み出そう、信じる道へ。

アフリカの人たちにとって
憧れの存在を作っていきたい

Interview:006
株式会社DOYA代表取締役社長 / 認定特定非営利活動法人CLOUDY代表理事
銅冶勇人

銅冶勇人は東京を舞台に、アフリカの実情を世界に伝える活動をしています。
彼は自分と他者とで異なる価値観の「ものさし」を、親密なコミュニケーションによって図りなおすことで
2つの行動を起こしました。それが「NPO法人の立ち上げ」と「ファッションブランドの立ち上げ」です。
アフリカの環境をより良くしていくために、この2つが互いが作用しあうサイクルの仕掛けが、
新たなソーシャルビジネスのかたちとして多くから注目されています。

銅冶勇人は東京を舞台に、
アフリカの実情を世界に伝える活動をしています。
彼は自分と他者とで異なる価値観の「ものさし」を、
親密なコミュニケーションによって図りなおすことで
2つの行動を起こしました。それが「NPO法人の立ち上げ」と
「ファッションブランドの立ち上げ」です。
アフリカの環境をより良くしていくために、
この2つが互いが作用しあうサイクルの仕掛けが、
新たなソーシャルビジネスのかたちとして
多くから注目されています。

アフリカの彼らにとって、
なにが一番重要か

現在の仕事について。

銅冶:NPO法人とファッションブランドのクラウディ(CLOUDY)という、ともにアフリカを背景にした2つのアクションが活動のメインになります。NPOでの活動は主にアフリカの教育や雇用、環境面での問題解決をサポートしていくために、前職の証券会社に勤務しながら2010年に立ち上げました。クラウディは会社を退職後、2015年からのスタートです。アフリカンテキスタイルのデザインを施した伝統衣装を軸に、現地の従業員たちによって製造されるアパレル商品を輸入、販売しています。これらに取り組みのきっかけに、大学4年生のときに訪れたアフリカ旅行があります。ケニアのマサイ族のもとにホームステイするための旅でしたが、現地のスラムに足を運ぶ機会があって。そこは自分にとっての当たり前の価値観がまったく通用しない世界でした。親がいない、学校がない、各家庭にトイレもなければ、食事が1日3食なんて考えもない。そんな環境との遭遇は衝撃的な出来事として僕のなかに残り、それ以来、現地にいる人たちといっしょにできることはないだろうかと考えるようになりました。

最初に取り組んだことは?

銅冶:NPO活動を通じてケニアに学校を建設するために動きました。会社に勤めていたのでリモートで現地の方とコンタクトを取りながら、年間5営業日分もらえる休暇と前後の土日をフルに使って計9日間、毎年アフリカに赴きました。当時現地にはマサイ族のもとへ嫁がれた日本人女性や、ケニアのスラムについて詳しく知る日本人の方がいました。彼女たちと知り合い、情報を共有してもらえたおかげで、課題点について深くまで考えることができました。アフリカに学校を作ると聞くと、なにかすごいことをしているようにも聞こえますが、建設自体は難しいことではないんです。本当に難しいのは、継続させていくこと。途上国に建設された学校が継続して運営されているケースはあまりなく、その多くは建てることばかりがフォーカスされています。僕は本質的な部分で「正しい支援」をするためにこれまで4つの幼・小・中学校を建設し、継続させてきました。新しく開校する5校目では専門性の高い職業を学べるクリエイター学校を予定しています。テキスタイルデザイナー、カメラマン、映像制作、美容師、今後は調理師なども考えています。手に職を持つことによって世界で活躍できるチャンスを一人でも多くつかめるようにしていきたいですし、現地の人にとって憧れの存在を作っていきたいんです。

「スーツは基本、シンプルな色を選びます。僕のなかでのルールとしては、シャツのボタンをしっかりと上まで留めること。こんなみてくれなので、祖母からの「キチッと着なさい」という教えを守っています(笑)」

ORIGINALGRAND WINGTIP OXFORD「仕事用の靴は基本的に黒しか選びません。あと紐がついていないものも避けます。お客様によって好き嫌いが分かれるところでもあるので」

アフリカの工場で働く従業員たちと。クラウディの売り上げの一部はアフリカの学校建設などNPO活動に必要な費用として循環されている。出典:instagram(@yuto_doya)

「程よくボリューム感のあるローファーで、足の肌が露出してもいやらしく見えない男っぽさが気に入っています。カジュアルなスタイル以外に、細身のタキシードなどと合わせても楽しめそうですね」

AMERICAN CLASSICS PENNY LOAFER「ローファーは学生時代からの愛用品ですが、バーガンディーカラーも新鮮な気分がして良いですね。屈曲性に長けたソールも好印象です」

「クラウディ」立ち上げの経緯は?

銅冶:ブランドを立ち上げようとしたわけではなくて、現地女性の雇用を生み出したい思いが結果としてクラウディへと派生しました。ケニアの学校を卒業した女性のなかには、生きていくために娼婦となる子がいます。アフリカで女性が定職を得ることの難しさをまざまざと実感させられたことをきっかけに、彼女たちといっしょにできる取り組みについて考えたんです。それが現地に工場を作って生産を手がけるアパレルのストーリーになり、アフリカの文化的背景を取り入れたクラウディの立ち上げになりました。現地の人の生活をサポートしていくためにクラウディがやるべきことは、「良いことをしている」や「アフリカ製ならこの程度のクオリティ」といった先入観や固定概念を覆すことです。僕たちは世界で戦えるブランドとして、アフリカというキーワードに情けをかけられないために品質を重要視しています。もちろん最初からうまくいったわけではありません。ブランド開始当初はB品(難ありの商品)だらけで、なかには備品のミシンを売っぱらう人や工場にある素材で勝手に商品を作って港で売る人もいたりして(笑)。なかなかのカルチャーショックでしたが、同時に面白さを感じました。僕たちのビジネススキームをそのまま植えつけたところで現地の文化や人間性を大切にしなければ一過性で終わってしまうんですよね。彼らとものを作りながら成長していく関係性を根気強く構築し、いまではほとんどが商品としてクオリティが保てる状態になってきました。

仕事の原動力は?

銅冶:選択肢を増やしてあげたい。それが原動力ですね。彼らが学んでいくなかで「こうなりたい」や「これがしたい」という気持ちになれることをひとつでも増やしていくのが目標です。世間で良しとされる基準には、価値観というものさしの違いによって人によってズレが生じます。自分の基準を他者におしつけないことで常に新しい発見があります。だからチャレンジし続けられているのだと思います。現地の工場の従業員は現在620人、全員ガーナ人です。とにかく笑顔で、心から楽しんでいる雰囲気を毎日表現しています。そのポジティブなムードが柄や色によって商品へと落とし込まれているクラウディにせよ、NPOの活動にせよ、こうしていっしょになにかを生み出していける環境がサステナブルな価値を持つようにも思います。

あらゆる状況を乗り越える
オールラウンダー

コール ハーンの印象について。

銅冶:20歳ごろから存在を知っていました。僕は大学時代、アメフトをやっていて。体育会系は制服が学ランだったので、ずっとローファーを履いていました。特に指定ではなかったんですが、当時僕たちのなかでは「紐靴だとダサい」って傾向にあったので(笑)。そんな理由もあって、中学生から大学生の間でずっと履いてきたローファーは愛着のあるモデルです。いまでもカジュアルなシーンで履ける靴として、そしてビジネスシューズとして愛用しています。最近では気にされる方も少なくなってきていると感じますが、僕はこれまでに仕事でお会いしてきたお客様や目上の方への第一印象を大切にしてきたつもりです。前職時代に学ばせてもらったことのひとつに、「身に着けるものは嫌われる要素をなるべく減らす」というのがあります。たとえばロゴを前面に配したものを僕が身につけていたとして、それを見た人のなかには僕に対して嫌な印象を持つ人も少なからずいると思うんです。コール ハーンは、装いに関する僕なりのルールやエチケットにも応えてくれる存在になります。

今の時代はオンライン環境の充実によって多様な選択が可能ですよね。ですが、やっぱり自らの手や足を使いながら仕事に熱意を注いでいくことが大好きなんです。少し古臭い考え方かもしれませんが(笑)。動くことで得られる気づきがこれまでにもたくさんありました。僕にとって動きやすさは重要な要素で、フォーマルでいながら活動にストレスを感じないコール ハーンの存在は本当に頼もしいです。軽量化が促進されてきた靴業界のなかでも日本人の足にしっかりとフィットしてくれるものづくりをしていて、ソールも屈曲性に富んでいて柔らかい。アフリカに行くときは特に身軽な格好をしていく必要があるので、そういった面でも僕を後押ししてくれます。

「リバーシブル仕様のMA-1は裏地が無地になっているので、その日の気分によって着方を変えて楽しんでいます。カジュアルでゆったりめのシルエットを着ることが多いですが、素材やデザインにフォーマルなムードがあるものが好みです」

ZEROGRAND
WRK SNEAKER
「程よいボリュームがあるので全身のバランスが取りやすいです。素材や技術がデザインのアクセントになっていて、足元をおしゃれに見せてくれるのが嬉しいですね」

SELECT ITEMS

ORIGINALGRAND
WINGTIP OXFORD
¥35,200(税込)

定番モデルであるオリジナルグランドショートウィング。つま先と踵にラバーポッドを設置し、安定したグリップ力を実現。GRAND.OSテクノロジーによる優れたクッション性が軽量かつ快適な履き心地を後押しします。

AMERICAN CLASSICS
PENNY LOAFER
¥37,400(税込)

伝統的なペニーローファーとモダンなアウトソールによって大胆なプロポーションを得た一足。ヘビーゲージステッチやテキスタイルヒールが外観を際立たせます。クッショニングに優れたEVAフットベッドを搭載。

5.ZEROGRAND WRK SNEAKER
¥38,500(税込)

マルチマテリアルのアッパーは高いデザイン性のみならず、足元への負担をカバーしながら調和の取れたスニーカースタイルを築きます。クッション性に富んだGrand360 EVAミッドソールでさらにソフトな履き心地が実現します。

Back to top

メンバーシップ登録

メンバーシップ登録いただくと、様々な特典をはじめ、コール ハーンブランドの類まれな体験をお楽しみいただけます。(登録無料)